So-net無料ブログ作成
小説3rd ブログトップ

ハレ晴レが見れないなんて・・・ [小説3rd]

どうもです
変態仮面ですwww
まあコメント見た限り
パフォーマンスは良いんでね?
という結論ですよね?
まあ解禁することを願いましょう!
ということで
「憧れのあの子は・・・」は第1話
スタートです!


秋葉原・・・?
俺は思考回路が停止していた
「おーい、コウちゃん?」
「うん?」
「ユーちん追いかけなくていいの?」
「はっ!そうだった!」
俺は佐々木を追いかけた
「コウちゃん、そんなんじゃ見失うよ?」
「ちょ、陸上部、はえーよ!」
駅では走っちゃダメだぞ!
「あー、あー完全に見失ったよ?」
「はぁはぁ」
全速力で走りすぎた・・・
「コウちゃんは体力が無いねぇ」
「うるせー」
しかし、周りからの視線が痛いんだが・・・
「爆発しろ、リア充・・・(ボソ)」
「!」
ヲタク怖~
「コウちゃん、汗がすごいよ?」
「ナンデモナイヨ」
「片言なのが気になるけど、いいや」
すると
「コウちゃん!」
「ん?あ!」
佐々木を見つけた
「ユーち~ん!」
ちょ、あいつなんで飛びついてるんだ!?
「え、ちょっと!」
「ユーちんなんでこんなところにいるの?」
「え、それは・・・(汗)」
「なんで?なんで?」
「えっとね・・・」
「やめろ、嫌がってるだろ」
決まったな(キリッ)
「あ、ストーカーさん!」
お前~!
「え、ストーカー?」
「違うんだ!佐々木それは!」
「ていうか、なんで北島くんまで?」
「え?それは・・・」
立場が逆になったぞ・・・
「それはね!」
ぬぉ!言うな!
俺は美咲の口を抑えた
「コウちゃん、何すんだよ!」
「それはこっちのセリフじゃ!」
「あの~」
『なに!』
「ひぃ!」
しーん
やっちまったぁ!
「ふふふ」
「え?」
「二人とも面白いね」
「ん?」
なんか結果オーライだな・・・
すると美咲が
「ところで、なんでユーちんがこんなところにいるの?」
「えっと、それは・・・」
「すまん、俺も気になる・・・」
「ここまで、見ちゃったし、いっか」
そう言って、佐々木は俺たちにこう言った
「実は私、ヲタクなの・・・」



という感じです
まあ今回も
ダメ出しや感想待ってます

では
天才(略)のコメント返し
110121_2110_03.jpg

略すな!アホ!


久しぶりに小説書くぞぉ! [小説3rd]

どうもです
久しぶりに小説書こうと思います
まあ今日書くのは0話ということで
では
スタート!


「憧れのあの子は・・・」
0話

「ハァハァ、やっと追いついた。」
俺はクラスのマドンナの佐々木(ささき)を追っていた
佐々木は成績もよく、運動も出来る
要するに完璧人間だ。
しかし佐々木はすぐ学校が終わるとどこかに行ってしまう。
俺はそれをつけてきたというわけだ。
ちなみに俺は 北島 高貴(きたじま こうき)
「しかし、電車に乗ってどこに行くんだ?」
佐々木は、学校の最寄り駅から電車に乗って、どこかに行くようだ。
だんだん東京の都心に近づいていく・・・
「なにやってるんだい?コウちゃん」
「ぬわ!」
「えらく驚いているね?」
「なんで、お前がいるんだよ!」
「だって、コウちゃんが走りながらユーちん追いかけてるんだもん・・・」
「お前、最初からいたな・・・」
「うん」
「こいつ・・・」
こいつは寺島 美咲(てらじま みさき)
運動部に入っており、結構仲はいいやつだ
「で、なんでそんな変態さんがやることしてるんだい?」
「変態って・・・、いや、佐々木っていつもすぐ帰るから、放課後が気になって・・・」
「要するに、ストーカーさんだね!」
「なっ・・・」
確かに俺の行っている行為はストーカーだ・・・
「黙っててあげようか?」
「おねがしゃーっす!」
「あはは、コウちゃんは本当に面白いね」
「うるせー」
すると佐々木はある駅で降りた
「ストーカーさん!ユーちん降りたよ!」
「いつからあだ名がストーカーになってんだよ!」
俺らは急いで電車から降りて
駅名を見た
そこに書いてあったのは
「秋葉原・・・?」
俺は状況がつかめなかった・・・



というわけで
0話はこれで
よかったらダメ出しや感想ください!
では
コメント返し

トラブルシューティング(中二病の治し方)


小説3rd ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。