So-net無料ブログ作成

なんだかんだ [小説]

WAWAWA忘れ物
みたいな雰囲気で教室に入ってみたい
という願い事
というわけで最終回です
世の中今の時期が最終回ブームなんで
あやかってみたぜwwww
ということで
どうぞ
~~~~最終回~~~~
帰りに俺はユキを呼んだ
「返事は?」
「ごめん」
「wwww」
「ん?」
「こいつ、冗談をマジにしていやがる」
「へ?」
「というわけで、ドッキリでした」
「・・・へ?」
「まさか、仁知ってたのか?」
「もちのろん」
「協力者は?」
「みんなだぞ」
「ミンナトハ?」
頭がごちゃごちゃで片言で話していた
「沙耶と瑞希とユキと俺」
「ハハハって笑えるかーーーーーーー!!!!」
「まあまあ夢見てよかったでしょ」
「よかないわ!!!」
「さーってと次のドッキリの作戦考えなくちゃ」
「鬼かお前は!!!」
そうして俺は盛大なドッキリに引っかかった
夏休み明け(エピローグ)
俺は珍しく朝早く起きた
「まだ5時か・・・」
学校に行く準備を済ませても6時だった
「暇だな・・・動画サイトでもみるか」
1時間後
「おーい和輝」
「ん?」
「お、珍しいね起きてる」
「だろ」
沙耶とは夏休み中は会わなかった
「じゃあ行く?」
「おう」
俺は学校に行くことにした
「ドッキリどうだった?」
「最悪だった」
「なんで?」
「本当に告白されたと思ったから」
「だれがあんたみたいなやつと付き合うのよ」
「顔を赤らめて言っても説得力ねーよ」
「うっさいバカ!もうすこし・・・・」
「後半聞き取れなかったぞ」
「ならいいや」
「教えろよ」
「ヤダ」
「なんだよ」
という会話してるうちに
瑞希がやってきた
「ドッキリどうだった?」
またその質問か
「最悪だった」
「そっか、でもね実は私・・・」
言いかけたときに沙耶が瑞希の口を手で押さえた
「???」
「抜け駆けは許さないよ、瑞希」
「わかったよ」
「???」
まったく意味がわからん
そこに仁が
「話は聞いていたぞ」
「なんだと、このストーカー野郎」
「まあまあ、お前がどっかのアニメの主人公並の鈍感さって分かったから」
「???」
「まあいいわ」
まあ俺もこの後
ユキと瑞希と沙耶から
マジで告白されることは知らなかった
~~~~~END~~~~
ということで
終わらせました
では
ニコってる?!

旅行だってさ [小説]

明日から2日間旅行らしいです
1泊二日の旅行です
まあそんなことはさておき
久しぶりに自作小説見たら
続きが書きたくなったので書きますぜwww
ではスタート
~~~~9話~~~~~
俺はユキに告白された・・・
「ちょっと、待ってくれ」
「どうした?」
整理がつかない・・・
「?」
ユキが俺の顔を覗き込んでいる
なんでいちいち萌えることしてんだ!?こいつは!!
「ユキちょっと待ってくれないか?」
「どうして?」
「流石に整理がつかなくてさ」
「いいよ、じゃあお互い頑張ろうね」
「お、おう」
その後ユキと別れたあと自分のサークルに戻るまで
考えた
俺はどうしたらいいのか・・・
うれしいのだが、と考えていると
ケータイがなった
宛先を見ると沙耶と瑞希だった
珍しいなこの二人なんて
メールを読むと・・・
俺はなぜか胸が苦しくなった
二人は要するに俺のことが好きらしい
なんでこんなときに告白すんだよ・・・
俺はいつの間にか涙を浮かべていた
俺は3人の人に告白された
もちろんうれしいが
3人と付き合うなんて、ギャルゲの世界ではないのだから、
そんなこと出来ない
すると
「おう、どうした?」
そこにいたのは仁だった
「ん?泣いてるのか?」
こく
俺はうなずくことしか出来ない
「どうしてだ?」
俺は仁に用件を話した
いつもなら軽い気持ちで
向き合ってくれるが今回は・・・
「そうか・・・、それはお前が決めることじゃないのか?」
「?」
「お前が3人に気持ちを伝えなきゃ、伝わらないぞ」
「?」
「まったく、要するに3人とも友達でいいじゃねーか」
「!」
俺は仁のアイディアが俺の一番したかったことだったことだった
俺はケータイを取り出し、連絡しようとしたが
「和樹、今連絡したら、お前もそしてユキも沙耶も瑞希も混乱するだろう、特にお前とユキは冷静でコミック大会を全力で楽しめ」
「なに、かっこつけてんだバーカ」
「なんだと、励ましてやったんだぞ」
「励ましなどいらん」
「おい、中二病患者が」
「うるせー」
俺は仁のおかげで、冷静になれた
俺たちはコミック大会を楽しんだ
俺たちは2位だった。
売り上げは、まあ内緒だwww
当然1位はユキのチームだった
これで終わりだと思ったら
一番売り上げが多かった作品が選ばれる
特別賞に俺が入った
意外で、声も出なかった
副賞は好きな作家のところでアシスタントだったが
俺は辞退した。
なぜかって?
ここまで支えてこられた
アニメ研究部のみんながいたからだ
俺一人が行くのはバチあたりだ
~~~~~~~~~~~~~
というわけで10話で終わらせようと
強引になりましたwwww
まあ次回最終回です
では
ニコってる?!

にょろwww [小説]

タイトルが最近鶴屋さん関係が多くなってきたwww
なんかこれといって面白いことがないです
なので久しぶりに小説更新したいと思います
では
スタート
~~~~~~~8章~~~~~~
「ついにこの日がやってきましたね」
仁が部長に向かって言っていた
「なんだ仁緊張してるのか?」
「ええ、まあ」
「いつものお調子者が静かだとなんか気が狂うなぁ」
部長が寂しそうに言った
「そうっすか?」
「お、いつもの仁になったな」
「へへへ」
「さあーいくぞ皆」
『おー』
俺たちはこれから決戦の地にいくのだwww
そうコミック大会の会場に・・・
すると俺の携帯から
聞きなれた着信音が鳴った
「ん?ユキからだ」
「・・・マジかよ」
「どうしたカズ?」
「昔の知り合いがコミック大会に出てるみたいです」
「マジか?」
「マジです。しかもサークル(チーム)は神らしいです」
『・・・え?』
全員が驚いていた
「まさかそいつユキって呼ばれていないか?」
「そのまさかです」
「マジかよ、ユキって言ったら神の司令塔的な存在だ」
あいつそんなにすごいのかよ・・・
メールの先にはまだ続きがあった
それは
「B-2ホールで待ってるよ♪」
似合わない音符なんか使いやがって
でもなぜだ
俺は部長にユキに会ってくると言いユキの元に行った
「おーユキ元気か?」
「ユキってまあいいや。それより私カズに言っておきたい事があるんだ」
「なんだ?」
「私、木村由希は加籐和輝が世界で一番愛してる・・・」
俺はどうやら告白されたらしい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということです
では
バイミー


久しぶりの小説 [小説]

どうもです
まず最初にお知らせです
あけおめ更新が12月31日の11時に更新されてますが
公開したのは1月1日に公開したので
知らせておきます
ではスタートです
~~~~~~~7章~~~~~~~
「ふわ~」
眠い
最近漫画描きすぎたか・・・
「よお」
そこにいたのは仁だった
「眠そうだな」
「そういう自分は大丈夫なのかよ」
「正直言ってめっちゃ眠い」
「今日って終業式だっけ?」
「うん」
「部活は・・・」
「ある」
『は~』
二人とも溜息をついた
1時間後
「やっと終わったな」
「おう」
「部室に行くか」
「うん」
10分後
「ちわーっすキラさん」
「おう来たな二人とも」
俺たちは席に着いて漫画を描き始めた
2時間後
「キラさん俺今日はこのくらいでやめときます」
「おうそうか明日も来いよ」
「了解っす」
2時間後
「おうカズまだやってくのか?」
「はい。鍵ならかけときますよ」
「そうかならよろしくな」
1時間後
「さあ帰るか」
俺は誰も居ない部屋に鍵をかけて出て行った
ドン
「いって~」
「はわわわわ」
ん、この声は
「瑞樹か?」
「え、ていうことはカズ君?」
「そうだけどなんでこんな遅い時間まで居るんだ?」
「え、勉強してたら」
スゴ・・・
「瑞樹お前すごいな」
「そんなことないよ」
「まあいいや帰るか」
「うん」
5分後
「また今日も夕立ぽいな」
ゴロゴロ
雷が鳴っていやがる
「ひぇ」
「ん?瑞樹お前まさか雷怖いのか?」
「そ、そんなこと無いよ」
ゴロゴロ
「ひぇ」
「言ってることが違うんだが・・・」
「だって大きな音とか」
すると目の前を
大きな稲妻が走った
「きゃ」
その声と同時に瑞樹が俺に飛びついてきた
「おい瑞樹さすがにこれは・・・」
って言ってもぜんぜん聞こえてない
「っちょ瑞樹首が痛いのだが」
雷が鳴るにつれだんだん首がしまっていく
「ちょマジでやばいって」
すると瑞樹が
「え?」
「マジで死ぬ」
「はわわわわごめんカズ君つい怖くって」
「そんな泣くなよ」
「だってカズ君が・・・」
「あーもうそんな暗くなるなよ」
「うん・・・」
「雨も止んだし帰るか」
「うん」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
というエロ?ハプニングを付けてみました
ではおーばー

大変です [小説]

最近小説の更新が大変です
ここで発表
この小説を10章までにします
まあ予定なので増えるかもしれません
まあそういうことなので
まあ今回の分の更新
スタート
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~6・5章~~~~~~~~~~~~~~
「この日がやってきた・・・」
「なに格好つけてんだバカ」
と仁が後ろから言ってきた
「いいじゃん俺にとっては戦争だぞ」
「戦争ねぇ」
「なんだよその『かわいそうな子』を見る目」
「え?本当の事じゃん」
「酷!!」
「おーい和輝」
「ん?」
振り向くとそこには沙耶がいた
「勉強した?」
「まあ」
「私が作ったプリントやった?」
「まあ」
「じゃあ私が作った・・・」
「なげーよ」
「なによ心配してんのに」
「そういえば和輝」
「ん?」
「今回の補習100位以下対象らしいぞ」
「マジか」
「マジだ」
そうこうしてる内に学校に着いた
ここでこの学校のテストを説明しよう
全5教科(英語・国語・数学・理科・歴史)
を一日でやるというテストだ
「戦争が始まるのか」
沙耶と仁が
「バカがいる・・・」
というとテストが始まった
10分後
「あれ?おかしいな問題が意味不明なんだが、う~ん」
開始から50分後
「終わり」
先生の合図とともに英語が終わった
「お~い和輝どうだった?」
「え?まあまあかな」
「なぜ滝のような汗かいてるんだ?」
「え?できていないわけじゃないんだからね」
「いやなぜツンデレ?」
「まあできたな」
「嘘はいいから」
そのあともいつもと同じような点数で今回のテストが終わった
3日後
「え~これからこの前のテストを返すぞ」
ちーん
「だれか和輝を蘇生させろ」
「その調子だと補習だな」
ゲフっ
「まあ和輝にしてはこの順位は流石だな」
「え?」
「まさかの99位だ」
「え?」
「ギリセーフだ」
「マジで?」
「マジだ」
「勝ったぞこの戦争」
生徒一同
「精神科を勧めるぞ」
「みんな酷!!!!」
というわけで俺は補習を免れた
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということで
期末編は終了です
次は夏休み編です
それじゃおーばー

いきなり [小説]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~第六章~~~~~~~~~~~~~~
放課後
俺は瑞樹に聞こうと試みた
「お~い瑞樹」
「ん?どうしたのカズ君?」
「ちょっと勉強教えてくれないかな?」
「あ、今日私塾だから」
「あ、そう」
「じゃあね」
「おう」
そのあと仁が
「くくくく」
「なに笑ってんだ馬鹿」
「どうすっかな?」
「お~いバカ」
「ん?」
そこにいたのは沙耶だった
「なんだ沙耶か」
「私じゃ悪かった?」
そう怒った表情で言ってきた
「お前勉強できる?」
「え?まあ一応」
「どのくらい」
「まあ学年30位くらいかな?」
「マジか!!」
「急に手を持つな!」
俺は思い切って手を持っていった
「俺に勉強を教えてくれ」
「え~」
「いいじゃん」
「まあ良いけど」
「うっしゃー!!」
そうすると仁が
「じゃあなお似合いカップルさんwww」
『カップルじゃないし!!』
と俺と沙耶が同時に言った
2時間後
「下校時間です帰りましょう」
「お、もうそんな時間か」
「疲れるしあんたに勉強教えるの」
「悪い悪い飲み物おごってやるから」
「マジ?」
「マジで」
「じゃあ帰ろっか」
「だな」
10分後
「あっちゃ~金がねえ」
「あんたはマジでバカだね」
「30円貸してくれ」
「なんでおごりなのに私が払うのよ」
「いいじゃん」
「仕方ないな~」
俺は自動販売機の飲み物を買った
「はいよ」
「ありがと」
半分くらい飲んだところで沙耶が
「いる?
とめちゃくちゃ顔を赤くして言った
「そんな恥ずかしいなら言うなよ」
「うるさいよでいるのいらないの?」
「もちいるよ」
全部飲んだところで
さらに沙耶の顔がいっそう赤くなった
すると夕立が降ってきた
「濡れる濡れる」
「なんなのよ~」
俺たちは近くの公園で雨宿りをしようとした
沙耶のほうを見ると
「げ」
沙耶はYシャツだったため透けていた
「どうしたの和輝って、きゃ~」
沙耶はめちゃくちゃ顔を赤くして
「こっち見んな変態」
「いやいや仕方ないだろ」
「うるさいうるさい」
「なんだよ」
「もう最悪」
「まあいいじゃん」
「良くない」
そうこうしてる内に雨が止んだ
「帰るか沙耶」
「こっち見ないでよ和輝」
「わかったよ」
5分後
「じゃあな」
「またあした」
俺と瑞樹はそれぞれの家に帰った
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということで
ベタにしました
夕立最高だぜ
それじゃおーばー


明日からテストだけど・・・・ [小説]

ということで明日テストです
う~ん更新が忙しいなwww
ということで久しぶりの小説更新です
~~~~~~~~~~~~~~~~~~5.5章~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「痛」
秋山に刺された手がまだ痛む
あれ以来沙耶は顔がやけに暗いし
う~んどうしたものか
と登校途中に思っていると
「っよ」
誰かと思えば仁だった
「なんだよ」
「なんだそれが俺に対する挨拶かよ~~」
「顔がちけ~よ」
「手大丈夫か?」
「うんまあな」
「無理すんなよ」
「おう」
登校途中沙耶に会った
「お、沙耶おはよ」
と俺が言うと
「うん、おはよ」
やはり元気が無い
「おいおい彼女が落ち込んでるぞ」
と仁は盛り上げたらそしたら
「私が和輝の彼女?バカそんなわけないじゃん」
と顔を真っ赤かにしながら言っていた
俺は
「沙耶そんなに怒るなよ、俺の彼女だろ」
「なんで和輝まで乗り気なのよ」
そうこうしてるうちに学校に着いた
皆同じクラスなので一緒に部屋に入った
「今日も一日始まりか・・・」
一限目
「すやすや」
ゴツン
「いって~」
チョークが頭に当たった
「なに寝てんだ馬鹿野郎今週は期末だろうが」
あ、ヤバ
「その表情は勉強してね~だろ」
「してますよ先生」
ニヤ・・・
先生が不適な笑みを
「言ったな。では期末の結果次第で夏休みに補習を行うぞ」
「え・・・・」
仁がくすくす笑っていた
なぜなら俺はインドアに没頭するあまり勉強をしていないという
ヤベ
授業後
仁が
「お前はバカか」
「いやいや悪知恵は凄いぞ」
「バカ」
「え~良いじゃん悪知恵」
「補習かかったらどうすんだよ」
「そのときはそのとき」
「おまえコミック大会忘れてる?」
「そんなわけ無いじゃん」
「補習で来れなかったら?」
「・・・・・・・・・・・・」
「おい汗がすげーぞ?」
「ダイジョウブ」
「なんで片言なんだ?」
「ヤベ」
「う~ん俺が教えてやろうか」
「それだけは嫌だ」
「一回死ね」
「だってお前下手そうじゃん」
「いやいや結構うまいぞ」
「はいはい戯言はそこまでな」
「死ねバカが」
「しかしどうするかな?」
「あいつに聞けば」
仁が指差したのは瑞樹だった
たしか瑞樹は学年10位だったけな
う~ん聞いてみるか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということでした
ふ~では皆さん感想ヨロです
それじゃおーばー

すみませんでした [小説]

すみません
学校の試験の勉強してたら
更新が・・・
すみません
今日は連続2回更新するので
乞うご期待
今回は生徒会の一存を読んで
シリアス部分を入れることにしました
ではスタート
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~五章~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
俺はネームが上がったので帰ることにした
「ちょっと和輝遅いよ!」
なぜかそこには沙耶がいた
「どうしたこんな遅い時間まで?」
「和輝待ってたの」
「俺をありがとな沙耶」
「ちょバカ感謝しないでよ」
沙耶は赤く顔を染めていた
「じゃあ帰るか」
「うん!!」
20分後
「お、和輝じゃねーか」
ゲ、こいつは秋山清(あきやましん 性別男)
こいつは俺をいじめてた野郎だ
「行こう和輝」
沙耶は俺の手をひいた
「うん」
「おい和輝待てよ」
「なんだよ」
「それが俺に対する態度か?」
「あ?」
次の瞬間俺は殴られてた
「ちょっと清なにやってんの!!!」
「あいつが悪いんだぜ」
「バカ」
ペチン
清のほほが沙耶によってはたかれた
「この野郎」
清はポケットから小型ナイフを取り出した
「え?」
「死ね!!」
興奮状態の清は沙耶に向けてナイフを突き出して向かってきた
「あぶねぇ!!」
俺は危機一髪沙耶の目の前にナイフを止めた
「それ以上沙耶に近ずいてみろ俺がゆるさねぇぞ」
と俺は清をにらんだ
「お前に何が出来るんだ?」
清は俺に向けてナイフを向けた
カシャ
「はいストップ!!」
カメラのシャッター音がしたほうを見ると仁が居た
「清君それ以上やったら警察行くかもよ」
「あ?」
「ですよね部長?」
「そのとうりだぞ清さんよ」
「そんな写真一枚でなにが出来るんだ?言ってみろよクソヲタクが」
「ちっちっちインドア趣味をなめちゃ困るな」
と仁が言った
「この写真でどこの学校か分かるんだけど」
と部長は清をにらんで言った
「っち」
清はそのまま帰って行った
「ふ~」
俺は溜息を漏らした
「無茶するなよ和輝利き腕傷つけたらコミック大会に出れないぞ」
「そうだぞ和輝」
仁と部長はそう言った
「俺たちは帰るからな」
『バイミ~』
(なぜ、らきすた)
「びっくりした」
沙耶は安心した顔で言った
「手大丈夫?」
「うんまあ」
「もう無茶しないでよ」
と泣きながら沙耶は言った
「分かったよ帰ろ」
「うん」
俺と泣いてる沙耶は帰った
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということでした
シリアス部分が難しかった
ではまたの更新を
それじゃおーばー

記念日を忘れてた・・・ [小説]

そういえば13000HITの記念を忘れてました
すみません
次は15000HITの時に開催するため
乞うご期待
ryuzakiさんどうもコメントのためにアカウントを取っていただき嬉しい限りです
そういえば最近小説のヒロインをもう一人追加したいのですが
まあ「ツンデレ」で出来たので
スタート
~~~~~~~~~~~~第四章~~~~~~~~~~~~~
午前7時
「おーい和輝」
隣の家から声が聞こえる
「ん?」
まだ寝ぼけてる俺は窓を開けた
「まだ寝てたの?」
そこにいたのは
幼馴染の
山本沙耶(やまもとさや 性別女)
「ん?沙耶どうした?」
「どうしたもこうしたももう7時なんだよ!」
「げ・・・ヤバ」
「なにやってたの?」
「漫画描いてた・・・」
「え~」
「てか沙耶俺のこと待ってたのか?」
「え?いやそんな訳じゃ・・・」
「どうした顔が赤いぞ?」
「うるさいな!早くしないとおいてくよ」
「おい待てよ」
8時半
「おい沙耶と和輝また遅刻か・・・」
「先生私は違いますよ!!」
生徒たち「また始まったぞ夫婦漫才」
「そんなわけ無いじゃん!!」
そう言いながら沙耶の顔が赤くなっている
俺はめんどくさそうに
「サーセンした」
と言って席につく
沙耶は「仕方ないな~」
と言って席についた
二時限目
「カズ君なに書いてるの?」
と瑞樹が聞いてくる
「ん?もちろん漫画」
「おい和輝漫画も良いがそろそろ期末だぞ」
ヤバ先生に聞こえてた
「は~い」
「良い返事だな(怒)」
そのまま先生は授業を続けた
放課後
「出来た!!」
「お出来たか和輝」
と仁が言ってきた
「どれどれ?」
30分後
「これお前が作ったのか?」
「うんまあ」
「今から部長のところ行くぞ」
「え?ちょおい待て」
五分後
「部長!!」
「ん?」
「これカズのです見てやってください」
「どれどれ?」
30分後
「カズこれお前が作ったのか?」
「部長まで・・・まあ俺が作りましたけど」
「よしお前はこれで良いてか完璧だ」
「マジスッか」
「おう!!」
こうして俺のネームがあがった
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということです
ツンデレの設定が難しかった
それじゃおーばー

ネタが~ [小説]

ブログのネタがないっす!!
なんかおもしろい日常がない
面白いといえば
友達が「めがっさ」って言ってたなwww
ではスタート
~~~~~~~~~~~~第三・五章~~~~~~~~~~~~
さーってどうするかな
今日は6月
大会は8月のなかばだしな
部長は
「今週中にネームを出せよ」
なんていってたしな
こんなときは
「α掲示板」
六時
カズ様がログインしました
ユキ>お、来たか
カズ>コミック大会に出ることになった
ユキ>マジか!
カズ>そこでネームを出してくれ
ユキ>私が!?
カズ>いぇs
ユキ>わかったよ オリジナルか?
カズ>いや同人でもありだ
ユキ>そうか・・・時間をくれ
カズ>おk
三時間後
ユキ>できた!!
カズ>どんなのだ?
ユキ>メールで送る
カズ>おk
30分後
カズ>これだ!!
ユキ>よっしゃ!!
カズ>いまから作ります
ユキ>ガンバ
カズ様がログアウトされました
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということです
それじゃおーばー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。