So-net無料ブログ作成
検索選択

寝たら、死んじまうぞ!www [小説セカンド]

というかんじで
明日から授業で鬱な管理人です
周りがうるさそうで鬱な管理人です
そろそろ神人が出てくるぞ!!wwww
という感じでkotekomaの憂鬱です
まああらすじいる?
いらないよね?
ね?www
では
8話スタート「お前だれだ?」
教師が青磁に言っていた
「だれだっけ?君?」
「なめてんのかぁ?ああ!!」
「五月蝿い鬼だな、黙れ・・・アックスレイド」
「な・・・に」
教師が一瞬にして切られていた
「君が誠かな?」
「そうですけど」
「話は隊長から聞いてるよ、まあアジトに帰ってから話すよ」
「了解っス」
俺たちはアジトに戻った
「おお!帰ってきたか、青磁」
「ご無沙汰です、みんな元気かな?」
「あ!イジだ!」
「お帰り、坂下」
「心配したんだから、バカ」
一人だけ出迎えかたが分かりやすいんだが・・・
「元気そうだな」
「あ、そうだ、隊長武器のなんちゃらかんちゃら教えてくださいよ」
「そうだな、あれは武器の体力だ、激しい戦闘だと、すぐに武器は回復しないし、逆に軽い戦闘だと1時間弱で回復する」
「そうだったのか、ありがとうございます」
そのとき隊長のパソコンが赤く光った
「F-06地区にルールガードナー出現、現場に向かってくれ」
「お、クニとイジのコンビが久しぶりに見えるね」
「そんなに強いのか?」
「F地区の敵は5秒あれば、倒してるよ」
「すげーな」
「じゃあ行こっか、みんな」
俺たちはヘリに乗って現場に向かった
「シャハハハハ、皆殺しだ!!」
「あいつが今回の敵ですか?」
「ああ、使ってる武器はクロウだな」
「あのデカイ爪みたいのですか?」
「そうだ、気をつけろよ動きは早いぞ」
「了解」
「早速、お前から殺してやる!」
5人いる中の1人を選んで、脅していやがる
「そこまでだ!」
「あぁ?お前らなにもんだ?」
「ルールブレイカーだ!」
「お前らがか?」
「誠、こいつになに言っても無駄だぞ」
「そうですか・・・青磁さん」
「行けるか?邦恵」
「もちろん」
ブレイブ
「コト離れてたほうがいいよ」
「二人で俺を倒せるのか?」
「戯言は死んでから言え、行くぞ!邦恵」
「うん、フュージョンスキル!」
『アックススタンプ!!』
気がついたら半径20メートルくらいの大穴が開いてた
しかも敵が木っ端微塵になってた
「この二人、どんだけ強いんだ」





という感じで
今回はここまでです
では
ニコってる?!
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。